VirtualBoxにZorin OS 16をインストールする方法

当ページのリンクには広告が含まれています。
virtualboxにzorin os 16をインストールする方法

Windowsパソコンは各メーカーから色々な機種が販売されているので、持っているパソコンも人それぞれだと思います。
そうなると、LinuxにOSを変えようとした時に、自分のパソコンでちゃんとLinuxが動いてくれるか心配になって来ます。

そんな時にVertualBoxのような仮想化ソフトウェアを使ってLinuxをインストールすると、Windowsを壊すことなく、安全にLinuxの使用テストができます。

今回、自分のパソコンにインストールしたいと考えているZorin OS 16をVertualBoxにインストールしてテストしましたので、その時に実際に行ったVertualBoxへのZorin OS 16のインストール方法を紹介したいと思います。

大まかな手順としては、

  1. VirtualBoxにZorin OS 16用の仮想マシンの設定をする
  2. 仮想マシンにZorin OS 16 をインストールする

の2段階です。

最後に、仮想マシンにインストールしたZorin OS 16の起動方法も紹介します。

目次

VirtualBoxにZorin OS 16用の仮想マシンの設定をする方法

VirtualBox にZorin OS 16をインストールする前に、Zorin OS 16をインストールする仮想マシンの設定をする必要があります。

仮想マシンは以下の手順で設定します。

  1. BirtualBox を起動
  2. 左上の「新規」をクリック
virtualbox仮想マシン起動
  1. 「名前とオペレーティングシステム」が開くので、「名前」に”Zorin OS”と入力し、「バージョン」は”Ubuntu(64-bit)”を選択
  2. 「次へ」をクリック
OSの種類を入力
  1. 「メモリーサイズ」が開くので、Zorin OS の要件の2GBT(2048MB)に設定
  2. 「次へ」をクリック
メモリ容量を設定
  1. 「ハードディスク」が開くので、「仮想ディスクを作成する」が選択されているか確認
  2. 「作成」をクリック
ハードディスク容量を設定
  1. 「ハードディスクのファイルタイプ」が開くので、「VDI」が選択されているか確認
  2. 「次へ」をクリック
ハードディスクのファイルタイプを設定
  1. 「物理ハードディスクにあるストレージ」が開くので、「可変サイズ」が選択されているか確認
  2. 「次へ」をクリック
ストレージの設定
  1. 「ファイルの場所とサイズ」が開くので、ファイルのサイズをZorin OS の要件の15GBTに設定
  2. 「作成」をクリック
ファイルの場所とサイズの設定
  1. 「Oracle VM VirtualBox マネージャー」が開くので、左側に「Zorin OS」が表示されているか確認
  2. 左上の「設定」をクリック
仮想マシンの設定
  1. 「Zorin-OS 設定」が開くので、「ストレージ」をクリック
設定するストレージの指定
  1. 「ストレージ」が開くので、「コントローラー:IDE」の右側にある丸に+のアイコンをクリック
ストレージの追加
  1. 「VirttualBox-質問」が開くので、「ディスクを選択」をクリック
ディスクを選択
  1. 「仮想光学ディスクファイルを選択してください」が開くので、ダウンロードしたZorin OSの.isoファイルを選択
  2. 「開く」をクリック
isoファイルの選択
  1. 「ストレージ」に戻るので、「コントローラー:IDE」の下に、先ほど選択した.isoファイルが表示されているか確認
  2. 「OK」をクリック
isoファイルの登録の確認

これで仮想マシンが完成しました。

このまま続けてZorin OS 16をインストールすると、処理が重くなっていて全然進みません。
一度、VirtualBox を終了させましょう。

仮想マシンにZorin OS 16 をインストールする方法

Zorin OS は以下の手順でインストールします。

  1. VirtualBox を起動
  2. 「Oracle VM VirtualBox マネージャー」の上側にある「起動」をクリック
仮想マシンを起動(OSのインストール)
  1. 「Welcom」が開くので、「日本語」を選択して、「Zorin OSをインストール」をクリック
     (画面がフルスクリーンになっていない場合は、表示が見切れているので、フルスクリーンにしてください。)
zorin osをインストール
  1. 「キーボードレイアウト」が開くので、2箇所とも「japanese」になっているか確認
  2. 「続ける」をクリック
キーボードレイアウトの設定
  1. 「アップデートと他のソフトウェア」が開くので、設定はそのまま「続ける」をクリック
アップデート
  1. 「インストールの種類」が開くので、「ディスクを削除してZorinOS をインストールする」が選択されているか確認
  2. 「インストール」をクリック
インストールの種類
  1. 「ディスクに変更を書き込みますか?」と聞かれるので、「続ける」をクリック
変更の書き込み
  1. 「どこに住んでいますか?」が開くので、「Tokyo」が選択されているか確認
  2. 「続ける」をクリック
タイムゾーンの設定
  1. 「あなたの情報を入力してください」が開くので、全ての項目を入力
  2. 「自動的にログインする」と「ログイン時にパスワードを要求する」はお好みで
     (今回はテストなので、「自動的にログインする」に設定しました)
  3. 「続ける」をクリック
アカウントの登録

15.インストールが始まり、完了すると「インストールが完了しました」と表示されるので、「今すぐ再起動する」をクリック
  (私の場合、25分程度かかりました。)

インストール終了の表示
  1. 一度、黒い画面で英語でEnter を押すように指示があるので、Enter を押す
  2. 再起動が完了し、「Zorin OS へようこそ」(ツアー)と表示されるので、ツアーを進めて完了させる
zorinの再起動
  1. 「ソフトウェアの更新」が開くので、「今すぐインストールする」をクリック
ソフトウェアの更新
  1. 「このコンピューターのソフトウェアは最新です」が開くので、「OK」をクリック
ソフトウェアの更新の終了

これでZorin OS のインストールが一通り終わりました。
下の写真がインストール完了直後の何もイジっていないデスクトップです。
アイコンが一つもなく、スッキリした感じです。

zorinosのデスクトップ

仮想マシンにインストールしたZorin OS 16の起動方法

これでVirtualBoxにZorin OS 16をインストールすることができました。
インストールしたZorin OS 16を起動する方法は簡単です。

VirtualBoxを起動させたら、左側にある「Zorin OS」が選択されているのを確認して、その上にある「起動」をクリックするだけです。

virtualboxからzorin os を起動

まとめ

VertualBoxのような仮想化ソフトウェアを使ってLinuxをインストールすると、Windowsなど現在使用中のOSを壊すことなく、安全にLinuxの使用テストができます。

今回、Zorin OS 16をVertualBoxにインストールしてテストした時に実際に行った方法と、インストールしたZorin OS 16の起動方法を紹介しました。

自分のパソコンでちゃんとLinuxが動いてくれるか心配な方は、一度VirtualBoxを使ってテストをしてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次